すなおにまっすぐに 〜 sunaoのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 音楽!感情と思考の共演 感じとるチカラ☆B

<<   作成日時 : 2011/02/16 07:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

思春期に、音楽を聴く人は多いですね
私もよく聴きました

雑誌やメディアをチェックして、
新譜を買って、
ウォークマン(時代が・・バレる)持ち歩いて、
しょっちゅうライブに行って、
シーン全体の動きをとらえようと頑張って、
まぁたくさんの情報を自分に注いだものです。
楽器はしていなかったものの、
24時間365日、囲まれていました。

でも今は、ほとんど聴いていません。
(聴いていないといえば嘘になりますね
少なくとも、もう音楽ファンではありません。

社会に出るようになって、意図的に止めました。
「現実みていきていこうっとと思ったんですね。
そしてその瞬間から、ぱったり一切聴かなくなりました。

「なんでまた、こんな極端なことを」、
十数年経って、ふと思いました。
(気づくの遅いですよね・・・)
「あんなに、好きだったのに、本当になんで
先日のこの記事を書いてから、答えが見つかった気がします。

「音楽を聴く」ことで、自分のなかに何が起こるのか、
客観的にとらえてみました。

旋律にココロが揺れ、
今ここの瞬間から別の世界観へひとっ飛び、
遠いところで思考が始まる。


あるいは、

PVに出てくる物語の解釈がはじまり、
その情景や人物の感情を機微に感じ、
ココロが震える。


あるいは、

声や音のひとつひとつを拾って、
頭のなかで解析が始まり、
鼓動に刻もうとしている。


あるいは・・・
この辺で止めておきますね

言葉にしようとすれば、
きっともっとたくさんの「内なる行動」がおこっています。
音楽というのは本来、誰に対しても、
そう言う性質のものなのかもしれません。

だから、今だからこそ、
あの時の「現実見て」の割り切りが理解できます。

影響されすぎている
日常生活と、思考や感情の世界の混沌。
いくつもの次元を同時に生きている様相。
うーん、疲れるに決まっている。

BGMにヒーリングミュージックをかけたり、
K-POPきいたり、
そんな軽めのミュージックライフが、
今の私には合っているのかもしれません。

ただ、あの時のあの世界もまた、
感性を大いに磨いてくれた時間でした。
ありがとうです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
音楽!感情と思考の共演 感じとるチカラ☆B すなおにまっすぐに 〜 sunaoのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる